FX

 

『L7』応援中!

B.G.M Festival

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B.G.M Festival Vol.0

2011年04月20日 00:06

 行ってきたよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。

B.G.M Festival

 「B.G.M Festival」とは、美少女ゲーム業界で活動中のブランドと、様々なボーカリストを迎えて、数々のドラマを彩った美少女ゲームの主題歌やED達を迫力あるライブで楽しめる「美少女ゲーム音楽縛り」のライブイベントです。

公式より引用

 つまりはエロゲブランドの縛りを解いて『OVERDRIVE』『CIRCUS』『minori』『Navel』『アリスソフト』の5社がそれぞれの作品の名曲を持ち寄り4時間にも及ぶ激アツなライブを繰り広げるイベントである。

OVERDRIVEパート

 先陣を切るはキラキラやDEARDROPSなどロックをテーマとした作品を生み出してきたOVERDRIVE。私がプレイして思い入れのある作品はキラ☆キラのみですが、Ashberry、希望の旋律共に激しい音楽に血が沸き初っぱなからエンジン全開へ。
 そしてその二曲に続き新作電激ストライカーOPの『Burst Dream』がががが。遠藤さんのパワフルなボイスに酔いしれながらも6月の発売が楽しみになってきました。そしてこのパートのトリがキラ☆キラなのですがなんとAiRI + 石田燿子 + 遠藤正明 + YURIA + AYUMIのオールスター。これは燃えるwww

橋本みゆきパート

 まさかのセ・キララ。「何故www」と思ったら協賛にグッスマの文字がwなるほど汚いさすがグッスマ汚い

CIRCUSパート

 このパートは私的には青春のパートでした。『あさきゆめみしキミと』や『Dream~The ally of~』『ダ・カーポ~第2ボタンの誓い~』と懐かしの名曲がぎっしり。特に後ろ二つは当時ギャルゲでしたが初の美少女ゲームということで懐かしさと、生涯生でで聴けることはないだろうなという嬉しさで目から汗が……。

桃井はるこパート

 一言で言ってしまえば訓練されたモモイストのすごさといったら

minoriパート

 またの名をおっぱいパート
 原田ひとみさん、通称ダチャーンが歌う『春 - feel coming spring -』『little explorer』『悠久の翼』の三曲に酔いしれていたところ突如謎の男が『お前ら元気がない!』と乱入。何事かと思っていたらなんとminori代表。「お前ら男ならおのつくあれ大好きだよな!」(以下やりとりが暫く続く)「お、お、お……おっぱい( ゚∀゚)」 そして巻き起こるおっぱいコール

( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

暗転……ダチャーン再び

「おっぱいキタ━━━(´∀`) ・ω・) ゚∀゚) ;゚Д゚) ・∀・) ゚ー゚)  ̄ー ̄) =゚ω゚)ノ━━━!!!」

 おっぱいを警戒する原田ひとみVS観客の図ここに完成。その状態のまま『ever forever』に突入。音楽中にも流れるおっぱいコール。これは酷い。だがそれがいい。

Nitro+パート(シークレット)

 突如スクリーンに流れるWARNINGの文字、そしてNitro+の緊急参戦!前夜祭はこのためだったかああああああああああああああああああああ。
 歌った曲はいとうかなこさんによる『キンカクジ』と『WHITE NIGHT』。『WHITE NIGHT』は小田さんの曲であり、bambooさんの希望でいとうかなこの曲じゃない曲が聴きたかったとのこと。

Navelパート

 ここもCIRCUS同様にどちらかというと懐かしい曲が。ところでYOUだけアニメの曲だったけどいいのかなあ……とちょっぴり思ってみたりw いやSHUFFLE系の曲の中では一番好きな曲なんですけど、うん。
 後半はおれつばより『Jewelry tears』と『Spread Wings』 余談ですが俺は早くおれつばをやるべき。

 佐藤ひろ美パート

 『みずいろ』のしっとりした感じから『チェリーレッドのピストル』へ。そしてなんと桃井はる子さんとのデュエットでなんと『祝福のカンパネラ』 この曲はElements Gardenの曲の中でも1・2番を争うぐらいに好きな曲なのでとても嬉しかったです。あの追って追いかけてのデュエットが本当に心地良い曲。

アリスソフトパート

 最後にトリを飾るのは伝統と信頼のアリスソフト。『get the regret over』の美しくも力強い音楽に『Dreaming Continue』のかわいらしさ。 そして三曲目は『風のように 炎のように』と……やはりきたかああああああああああああああああああ! 観客の誰しもがここでオレンジやら赤やらの暖色系のリウムを折り会場は最高のボルテージへ。最後は新作『大帝国』のOP『The Day Takeoff』とここで一旦終了。

アンコール

 アンコールにはまさかのLeafの代表作『To Heart』より『Brand-New Heart』このためにbambooさんはLeafに頭を下げに行ったとのこと。いやまあ確かにこの5ブランドどれを最後にとっても喧嘩になるよなあ……うん。
 その『Brand-New Heart』を今回歌った全てのアーティストとおっさんバンドによる演奏で締めたあとは今回のBGMフェスによる裏談義を。とにもかくにもbambooさん愛されすぎワロタww 

写真とか

DSC_0002.jpg
痛車。アークちゃんのズーム機能の使い方がわからなくてちょっとへんてこな写真に
DSC_0005.jpg
敬愛しているElements Garden。上松さんは会場に居た模様。
DSC_0010.jpg
限定ねんぷち。まだ飾る場所を確保出来ていないので暫くは箱の中で……w

まとめ

 ライブ感想のお家芸、もう最高のライブでした!スタンディングの会場は久しぶりでしたがこれだけの密集だとやっぱり一体感が半端ないです。足にもずいぶん負担が掛かりますがw また何よりも全曲生楽器という贅沢。過去の経験から生楽器使ったのって昨年のゆいにゃんのBDライブでのカルテットバージョンぐらいな気がします。
 また次回開催も(ノリで言っちゃった口約束だけど)決定?絶対行くよおおおおおおおおおおお。贅沢言うならpropellerとゆいにゃん参加を希望するよおおおおおおおおおおお。

以上。We are Always B.G.M crazy!

セットリスト
公式参照
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gyuto.blog61.fc2.com/tb.php/239-f62ae7ff
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。