FX

 

『L7』応援中!

B.G.M Festival

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVELY x CATION 体験版 感想

2011年04月02日 12:15

『LOVELY×CATION』を応援しています!

由仁ちゃん ブッヒィイィィィィィィィイ

 暁works響最新作LOVELY x CATIONの体験版プレイしました。これラブリケーションって読むんだぜ……(プレイするまで知らなかった)

 さて、さっそくまずは本作のキモであろうラブリーコールシステムについて。端的に言ってしまえばヒロインが自分の名前を呼んでくれるシステムなのですが、もうたまらんね。なんで名前呼ばれるだけでこうも頬がにやけるのか……w ちなみにその名前を呼んでくれる声優陣は

七沢由仁 cv.榊原ゆい
天ヶ瀬優希 cv.海乃奏多
犬吠埼綾 cv.愛原ちづる
月岡三朝 cv.まきいづみ
黒川瀬良 cv.瀬良木若菜

 と鉄壁の布陣。特にゆいにゃんに名前を呼んで貰えるだけで僕はもう……!
 ただ不満をあげるとエッチシーンでもっと連呼してくれてもいいんじゃないかなあ……。たまたま収録されてるエッチシーンがそれだったからなのか、名前が呼ばれるのは大体2.3回。あとキミとかあなたとかでごまかされてる感もあったような……。もちろんその数少ない中でも○○君とか呼ばれちゃうだけで興奮度はマシマシなんですけどね。
 また呼んでくれる名前にも限り(150種?)はありますので、「このために買うぞ!」って方は事前にチェックしたほうがいいかもしれません。

 また他に変わった特徴として趣味同調システム。主人公にパラメーターがありそれによってヒロインの好感度が変化するシステム。まあそこまで珍しいシステムというわけではないですが、これによってヒロインとのいちゃラブのみならずエッチシーンで変化が出ます。体力があがれば精液の量が、器用があがればヒロインがもっと淫らに、ラブリーがあがればもっといちゃらぶなエッチが(※中だし、外だしの選択肢が出るだけみたい?)
 ただシナリオを早く読みたいってタイプの人には、色々と選択肢を考えなければならない分煩わしいかもしれません。

 シナリオはごくごく平均的な学園物エロゲーなんですけど、なんかすごいドキドキする//// ファンタジーもSFもない本当にザ・学園物を地で行く作品ですが、シンプルながらも読んでいてすごい甘酸っぱい。普通のADVとしても面白いかもしれません。特に由仁ちゃんなんて超がつくぐらいの正統派ヒロインじゃないですか。そんな娘が名前呼んでくれていちゃいちゃしちゃうわけですよ、たまらんね。

 最後にこの作品で期待したいのはシチュやエッチシーンの多さ。せっかくこんな素晴らしいシステムをつけてくれたのだからそれを名一杯いかした多彩なエロスで満たして欲しいと思います。

期待度……A

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gyuto.blog61.fc2.com/tb.php/233-1c0ac39c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。