FX

 

『L7』応援中!

B.G.M Festival

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T.P.さくら ADV 感想 ※ネタバレ注意

2011年03月16日 16:34

※ネタバレ注意

エロゲではないですが、ADVなのでそちらのカテゴリに分類しておきます
シナリオ

 トイz……じゃなくて術式封印符を用いて怪盗帝こk……時空怪盗杉並と戦いを繰り広げるミルキ……いわゆる魔法少女であるタイムパラディンさくらのドキドキ魔法タイムなお話。 まあシナリオに関してはひたすらボリューム不足じゃないかと。前編後編あわせて4時間ちょっと、これラノベじゃないんだよ!? ましてや体験版ですら無いんだよ!?
 前編後編合わせて全8話でその殆どが日常パートで終わります。魔法少女ものっぽいことしてるのは1話と4話と5話ぐらいなもので、あとは「一応魔法少女やってます☆」ぐらいなもの。ラストも鍋パーティをして、さくらと純一が手を取り合い「これからもこんな日常が続けばいいな」で終わります。なんだかなー。魔法少女物っちゃそうなんだけど、設定が活かされてないというか、山場もなくいつの間にか終わってたという印象があります。

キャラ

 メインを張っていたさくらやエリカはかわいく、杉並は相変わらず面白い。しかしほとんどのキャラが○○とは一体なんだったのかと言わざるを得ません。特にことりェ……。CCさくらで言う知世ちゃんポジションなのでしょうが、やはり活躍しなさ過ぎじゃないだろうか。
 


 この作品で一番評価できるところ。CG自体はボリュームの割りには多め。加えてゲスト作家が多いので不満は無し。特にるちえさんの絵が出たときのテンションの上がり方は異常。(公式HPで見られる? うんシッテルヨ)

総評

 いやいや色々と懐かしい気持ちにさせてくれる作品だった。D.C.シリーズは2の無印以来ですが、やっぱり思い出の作品ということもあり、ニヤニヤ出来るところもありました。特にD.C.P.S時代からお気に入りのさくらちゃんがかわいいいいいいいいいいいいいい。そしてツンデレエリカもかわいいいいいいいいいいいい。その上二人ともあざといと言えちゃうようなコスプレしちゃってますが、まあかわいいからいいよ。
 あとOPがかっこよくてかなりお気に入り。この辺はさすがの曲芸クオリティ。

 さて、ここまで読んでいたらなんとなく想像つくのではと思いますが、この作品総合的にはやっぱり褒められねえ……ぶっちゃけ酷い。素材やテーマは悪くないと思います。でも設定はよくわからないし、色々とちぐはぐだし、一番びっくりしたのがフルスクリーンにしたときの額縁。
TPsakura.jpg
↑これ。いやいやWindowモードとサイズ変わってねえからこれ。額縁がフルスクリーンなだけだから! そして俺の表現分かりづら!

 ということでアニメ付きとは言えこれで前後編合わせて14kはないですよ……。イベント関連とみもりんの声無かったら泣き崩れたでしょう。これでハーフプライスとかならまあわからなくもないんだけどなあ……。まあFDって元々そういうものだよNE。というわけでアニメ見てきます……。

クリア時間…全編2時間 後編2時間の計4時間
好きなキャラ…さくら、エリカ
ランク…D




 追記:どうやらバージョン情報から普通のフルスクリーンに出来るみたいです。いやでも……うん。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gyuto.blog61.fc2.com/tb.php/227-a10b3212
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。