FX

 

『L7』応援中!

B.G.M Festival

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル妹のいる大泉くんのばあい 普及版 感想 ネタバレ注意

2011年02月24日 00:26

※ネタバレ注意
ALcot ハニカム 『リアル妹がいる大泉くんのばあい』 応援中!
シナリオ

 当初は本当に残念なゲームですと聞いていたのでリアル妹と2次妹の板挟みにあって「おいおいお兄ちゃん両手じゃ足りないよーぐへぐへ」な感じなのかなーと幻想を抱いていたらぶち殺されました。(始める前に特に情報収集とかはしてません)まあ個人的にはこういういちゃいちゃで終わらないゲームの方が好きですが。

美紀ルート
 メインビジュアルにも居ないしやはりサブヒロインとしての印象が強いです。まあ実質的なTRUEである栞ルートを見れば美紀は、涼と栞の事を大事に考えている娘なので言い方は悪いですがおまけなのでしょう。
 まああくまで全体ではなく美紀ルート単体で感想を述べるならば彰のかっこよさに惚れました。不器用で美紀に虐げられようとも彼の兄であることは絶対に揺るがない信念を持っています。そして美紀の幸せを願い涼に喧嘩をふっかけるところは最高のお兄ちゃんであると言わざるを得ません。

麻衣ルート
 エロゲーマーとしては理想の妹キャラの具現化といえる麻衣。お兄ちゃんに優しく素直で従順、時には冷めた目いわゆるジト目で見下しつつもお兄ちゃん好き好きオーラが出まくってるまさに理想。
 このルートを終えたときはいまいちわからない話でした。まさに「麻衣とは一体なんだったのか」と呟きました。

栞ルート
 いわゆるTRUE。麻衣とは対比的に描かれる現実になるべく沿ったエロゲ的妹ヒロイン。(あくまで現実に忠実な妹とは呼べない)
  ただただヒロインといちゃいちゃするゲームがエロゲのテンプレートの中、そういった要素が薄くどちらかというと昼ドラ(離婚とか実妹とやってしまう流れ)を連想しました。
 また麻衣の正体や栞が隠してきた思い、涼と栞に何があったのかということも次々と判明され、それでも現実は二人に無情であり両親は離婚してしまう。最後のバスケを終えて別れてしまう場面は痛々しいのですが、それでも前に進もうとする二人には強い思いを感じてなりません。

 そして古賀はどうしてこうなった……。

キャラ

 麻衣ちゃんが最高にブヒれるキャラ。
ツンツンな妹もいいとは思うのですが、やはり妹キャラはこういう存在であるべきだと思います。特に初っぱなの象さんの下りや何故かスク水を着て調理している場面は最高ににやけました。




 正直言って余り好みじゃない絵かなあと。何よりヒロインかわえーと思う前に主人公イケメンすぎるーって印象の方が……。
 そしてせっかくSD絵もあるのだからそれをゲームでも使って欲しかったなあと思います。

総評

 個人的にヒロインよりは涼と彰がツボでした。涼と彰は普通を気取っているくせに妹をばかにされたり侮辱すると妹のために怒り、妹のために起ち上がる。まあなんてキモイ。いや、ここでいうキモイというのはそこまで妹に入れ込むことなんて普通のお兄ちゃんには出来ないわけで、何よりそれだけ妹のことを大事に思っていることに惚れるわけで。何故……何故こいつらがもてないのか不思議でしょうがない。
 その中でも彰はかなり達観しているキャラだなーと。ラスト前の「悲劇の主人公を演じてる暇があったら、さっさと結婚式の段取りをきめろ。俺が華麗に友人代表挨拶をきめてやる」なんてもう……!

 さて、この作品で最も印象深かったのはラストシーンでした。出会うはずのなかった三人が偶然道ですれ違うも気づくのは舞一人。やはり二度と交わることのない三人なのかと思いきや、「神様はいるよ」と呟いた瞬間、その神様の気まぐれか風が吹き帽子が飛んでしまう。そんな飛んでしまった舞の帽子を三人が見つめている。ここからもう想像がバンバンと沸いてきます。三人は再び出逢ったのか? そしてもし出逢ったのならそこからどういった物語を紡いでいくのか。三人とも辛い日々を過ごしていた分、これからはどんな幸せな物語を紡いでくれるのだろうとわくわくします。(バッドエンドは考えない)
 別れと邂逅--始まりは神様が気まぐれで舞を大泉麻衣にして冷え切った大泉家に一陣の風をもたらし、終わりも風と新しい出会いで締める。爽やかですっきりとしたエンディングでした。

クリア時間…10時間程度
好きなキャラ…麻衣
好きなルート…栞
ランク…C

スポンサーサイト


コメント

  1. みちょー | URL | -

    古賀が一番の萌えキャラとか言われてたしなあw
    ラストシーンは俺もかなり印象に残った。タイトル画面に戻るところとか。ラストの主人公のセリフとEDの歌詞の冒頭がつながってたのは良い演出。

  2. rinvols | URL | -

    >>みちょーさん
    古賀ちゃんまじツンデレ

    「リアル妹のいる大泉くんのばあい」はこの爽やかなラストシーンのために多くの人がプレイして欲しいなと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyuto.blog61.fc2.com/tb.php/218-5506f07d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。