FX

 

『L7』応援中!

B.G.M Festival

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画 『豪デレ美少女 凪原そら』を勧めてみる

2011年01月28日 18:00

 久しぶりの漫画ネタ。

 まあ何故唐突にこの漫画を紹介したかといいいますと、私が敬愛する『そらのおとしもの』や『私の救世主さま』の作者水無月すう先生の新作だからなのです。
 さっそく中身に少し触れていきたいと思いますが、あくまで紹介という体で記事を書いてますが多少ネタバレはあるのでその辺りはご了承下さい。
 
あらすじ
 山川将太が作中での漫画作品である『たま×キス』を読んでいると、凪原そらが本の中から出てきて将太を殿と呼んで将太の子供を作らせようと行動する。そらの性格は作中の原作とは異なる設定である。(Wikipediaより)

 主人公(山川将太)は私たちのような二次元主義で、『たま×キス』という漫画のヒロイン凪原そらが大好き。そんないわゆる俺の嫁、凪原そらが漫画から飛び出してきたというベタなボーイミーツガールものです。かくもうらやまけしからん物語の始まりか?と思った矢先この凪原そらがとてつもなく強烈なヒロインだった。単刀直入に言って何が強烈かというと主人公にひたすら









顔射をさせます。
110128_174258.jpg

一話につき一回は顔射があります。

それも無関係なモブキャラにもナニカをぶちまけます。

そして時には中だしもさせます。(※)

※大文字になっている言葉の意味が分からなくても決してお父さんお母さんに聞かないで下さい。その日の夕飯が気まずくなるでしょう。

 一応補足しておきますと、これは精○ではなくカップラーメンとかゼリーなんですがどうみても○子です。本当にありがとうございました。

そんな『豪デレ美少女 凪原そら』を読んだ直後はまさに
あいつら未来にいきてる
な気分になりました。ちなみに今更ですがエロ漫画ではありません。

 しかし『そらのおとしもの』以降のお馬鹿なノリを継承させつつ、よりアダルティで限界ギリギリなネタが満載でこれが面白い。他にもア○ル攻めがあったり、脇毛ぼーぼーの紳士が登場したり、果てには二次元殺法と謎武術を使い出したりと色々とカオス! こんな規制がどうのこうの叫ばれてるこの時にこんな漫画を出すなんてさすが水無月すうだぜ……。しびれるあこが(ry

 またここまで酷いヒロインを作っておきながら凪原そらがかわいいってどういうことだと。豪デレ(豪気×デレ らしい)の名にふさわしく、普段は大胆で顔射顔射言うキャラなんですけど、ときおりデレるというかしおらしくなる。ツンデレっぽいけどツンデレじゃない。そうまさに豪デレとしか言いようがない。

 そんな『豪デレ美少女 凪原そら』はネタ的な意味で受け入れられない人も居るでしょうが、このブログの読者層(たぶんエロゲーマーのはず)にはお勧め出来る作品だと思います。是非手にとって頂けたらこれ幸い。

豪デレ美少女凪原そら 1 (ジェッツコミックス)豪デレ美少女凪原そら 1 (ジェッツコミックス)
(2011/01/28)
水無月 すう

商品詳細を見る



あとそらのおとしもの11巻も今月発売です(宣伝)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gyuto.blog61.fc2.com/tb.php/205-5c5d217f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。