FX

 

『L7』応援中!

B.G.M Festival

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッキングホースラプソディ 感想 ※ネタバレ注意

2010年11月29日 00:52

※ネタバレ注意
ALcot ハニカム 『キッキングホース★ラプソディ』 応援中!
シナリオ

志乃ルート
なんというハーレムエンド。
草太を取るか、のばらをとるかの志乃の葛藤が面白かったです。のばらは身を引きたいのにそれは嫌だとだだをこねる志乃。どっちも大切で、どっちも手放したくない。ならばとりあえず難しいことなど考えず三人一緒にいようという割と投げやりというか、収まるところに収まった完結のように感じました。
確かに手放すことはないと思います。ぎくしゃくな関係だけど、これはこういうものでいいんだと思います。

聖ルート
物語としては若干微妙かなと感じました。
志乃ルートではのばらとの葛藤云々で落ち込んだり、はたまた元気になったりと緩急があったのですが、聖ルートはただただ甘く突き進んでいった印象。あえて言うならお邪魔団とのいざこざがあって、聖が落ち込む>草太が元気づける>立ち直るといった過程等を踏めばラストが盛り上がれたのではないかなあと感じます。

しかしこのルートで良いところはなによりも聖との恋愛だと思います。聖の一言一言がただただ甘く、(もちろん草太も)お互いを大事にしているという気持ちがガンガン伝わってきました。

のばらルート
志乃ルートほどではないにせよ、恋愛と友情の葛藤が面白かったです。ただ志乃ルートとは似ているけどまた違った形の完結のように感じました。志乃ルートではのばらが離れていってしまうことに対する切なさ、のばらルートでは二人とも草太が好きすぎてちょっとぎくしゃくしたような。別の角度からもやもやした恋愛を楽しめました。
加えて聖ルートなみのだだ甘恋愛。プレイ中何度「あーもう。あああああもう!」ってなったことかw

ラストのシーンも含めてキッキングホースラプソディを代表するルートだと思います。


キャラ

当初は志乃推しでしたが、終わってみるとどの娘もかわいくてきめられねええええええええええええええええ。

志乃はプールの時の「やだっ やだっ プールするっ」とかもうね。
ひじりんは腕を絡めて言ってくる一言一言の草太をほっとさせる優しさとかもうね。
のばらは「そうたはあたしんのだぞー」とかアイスのシーンとかもうね!

どのキャラもルート入った途端だだ甘感ががんがん出てきて、たまらなかったです。



かわいいです。特に雰囲気の良い塗りがお気に入り。立ち絵も多く、CGもこの価格帯であれば十分な量でしょう。

でものばらは髪を下ろしたときのほうがかわいいと思うんだ。

総評



あぁ、いいなぁ、うらやましいなぁ。
まちには、恋がいくらでもあふれていたけれど。
その恋がはじめて、自分にはうらやましく思えて
(中略)
今ならきっと、ああいう風に笑える。


キッキングホースラプソディ、のばらルートのラストより。

これがキッキンのテーマですね。確かにプレイ中に恋愛っていいものだなあと感じるところが多々ありました。それはただ甘い恋人模様というだけでなくて、お互いにやきもきしたり、友情との葛藤に悩んだりと……。
エロゲのヒロインって大体主人公のことが最初から好き、というよりは気になっていたりするのが多いと思うのですが、キッキンは本当にただの友だちからのスタートで、そこからお互いの良い面を知っていき徐々に好きになっていく過程がリアリティを持っていていいなと感じました。

そしてなによりたいちょーの過去編とアフターストーリーがみてええええええええええええええええええええ。

クリア時間…8時間程度
好きなキャラ…決められない。
好きなルート…のばら
ランク…B

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gyuto.blog61.fc2.com/tb.php/185-dc6a4e1a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。