FX

 

『L7』応援中!

B.G.M Festival

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おたくまっしぐら 感想 ※ネタバレ注意

2010年10月23日 04:20

※ネタバレ注意

『おたく☆まっしぐら』2006年9月29日(金)発売!
シナリオ
キャラゲーという観点から見るとよくあるテンプレート的キャラゲーと違い、ヲタクを題材にしている点からキャラや設定に変化球が出て面白かったです。ただしこういうヲタク的要素を引っこ抜いて考えてみると非常にエロゲエロゲした内容だなあと。とりわけ操(ゲーム)と朝見(コスプレ)辺りは余りにも普通すぎて埋もれているような気がします。

また逆に印象に残ったルートは意外にも涼香(サバゲー)です。他ヒロインがエロゲエロゲしているためか、サバゲーとバトル要素がある涼香ルートが面白かったです。ヒロインとしてもウブすぎるところが高ポイント。

だが何よりこの作品のシナリオにおけるポイントは、ヒロインのかわいさよりもやはりギャグ。アキバというカオスながらもニヤニヤできる要素が多く、レベルの高さが伺えます。とりわけ印象に残っているのは核家族とハッピ店員のタップダンスのシーン。なんていうかあの強引さとノリがなんとも…(「そこかよ!」と突っ込まれそうな気がしなくもない)

そしてゼオパルドンEND

えっと・・・これはどうしたらいいの?
いわゆる「俺たちの戦いはこれからだ」エンドなわけですが、あそこまで引っ張っておいてそりゃないぜ…。ビッグゼオパルドンに乗り込むまでは「ついにきたああああああ」と思ったらそれですか、がっかり感が半端無いです。特に今までヒロインの繋がりが皆無(※)だったためこれからゼオパルドンに乗って全員で総攻撃かあああああああああああああああと思ったらエンディング…。

※あったとしてもサバゲーイベントのときぐらい

デモンズオンラインやらゼオグラ、アキバの今後といった伏線は回収され、メタ的な要素を孕ませたいってのはわかりましたが正直この終わり方は頭抱えたい。

キャラ
美月が神すぎる。
ゆいにゃんの名キャラといったら、はぴねすの春姫、よつのはのののさん、Chu×Chuアイドるのチュチュこそ至高と思っていましたが、それらに追随する名演技。

ダミ声というのかなんてよべばいいのか、ツッコミのシーンが冴えすぎていて何度も聴きたくなってしまう謎ボイス。とりあえずゆいにゃんエコーとでも名付けておきます。とにもかくにもこのキャラに出会えただけでもプレイした価値あるなあと思いました。

※ルート全体で考えたら間違いなく涼香が面白いのですが、ヒロインとして考えたら美月。

そしてその他のキャラについても一言ずつ

朝見(コスプレ)
ぶどうじゅーすぅー。そしてコスプレのおかげで衣装が多く見ていて飽きないキャラ。

麗南(フィギュア)
チラ…チラ…。

瑛(オカルト)
普段の俺だったらまっさきに悶えるキャラ。ぺー姉さんだし…。そして何故か数少ないデフォルメ絵があるキャラ。色々と残念なキャラ(褒め言葉)で萌えた。

涼香(サバゲー)
関西弁かわゆす…。ウブすぎるのと銃に関する語りが熱くて一番好感度持てるキャラでした。

操(ゲーム)
一色さんなのに声がああああああ。シナリオも中途半端でこの作品一番の不遇キャラかもしれません。


絵師は神無月ねむ氏。絵柄的にはよくあるみつみ絵。

塗りが大ざっぱなのと背景の残念さで比較的残念な感じでした。まあ割と昔のゲームという点もありますが、それを差し引いても余り高評価は下せません。

総評
まずバグゲーとして名高い『おたくまっしぐら』今公式で配布されている修正パッチver1.2でも声が出ない、綺羅(同人誌)が攻略出来ないと完成しきってない部分は多々あります。

ただしゲームとして最低限の体は成してあり、ボリューム的にも休みつつも三週間を要したため十分に楽しめました。

作品ではヲタクの有様が多く書かれていました。それは何も良い面だけでなく、悪い面もありありと。朝見ルートのローアングラーや盗撮。ネトゲ中毒、そもそものヲタクに対する嫌悪感などなど。

その構図に関してはアキバを自治区として外界との接触が減っているという点からも言えると思います。アキバの希少性というか違和感。本来はこんな街ではないですが、ヲタクでない他者から観察するとこのようなものなのかなと考えてしまいます。そこからヲタク像というものを考えさせられました。

またその観点から行くと、明というガチモンのヲタクが主人公という点も外せません。
とりわけライト層が増えつつある昨今。ヲタクとはどのような存在かというものを改めて考えるためにも、今だからこそプレイしておきたい作品のようにも感じます。(どこまでがライトでどこからがヘビーなヲタクなのかという議論は別として)

ギャグは冴え渡り、メタ的な要素も孕む『おたくまっしぐら』プレイする価値のあるエロゲだと思いました。

好きなキャラ…涼香、美月
好きなルート…涼香
ランク…C

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gyuto.blog61.fc2.com/tb.php/165-44edad1a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。