FX

 

『L7』応援中!

B.G.M Festival

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと、澄みわたる朝色よりも、 コンプリート 感想 (ネタバレ有り

2010年06月30日 02:32

※ネタバレ注意








シナリオ
一章
最も日常パートがはっちゃける章。物語の導入としてかなり笑わせて貰いました。個人的にただのハゲネタであそこまで笑えるとは思いませんでした。
始める前はもっと鬱々というかどっしり構えてやる物語なのかなと思いましたが、そんな印象を吹っ飛ばしてくれましたね。

二章
L5発祥わろt(ry
笹丸の劣等感がにじみにじみでるシーンのように思えました。笹であること、鈍感だと自覚しつつもどうしようもないこと……。だけどそのことに悩むひよを始め四君子が手助けしていく過程は、仲間って素晴らしいと思わせてくれる屈指のシーンだと思います。

あと余談ですが彩生祭の各クラスの作品発表はもっと丁寧にやってほしかったなと…。想像が追いつきません。

三章
シナリオ上の最終章。
若さんの目的や全ての伏線が回収され、事実上の最終章でした。
ただ表裏の世界が入れ替わる…。あれはいまいちわかりづらかった気がします。「そうこの世界は○○だったんだよ!」「な、なんだってー」と言うシーンだったのでしょうが個人的には「あ、ありのままに(ry」というイメージしか持てませんでした。はい脱線しました。

キャラ
アララギオンリーのファンディスクはまだでしょうか?いやこれはひよゲーだとはわかっていますけど、出しましょうよ、ほら、あのアララギアフター的な(無茶言うな
アララギの優しさにきゅーんときました。四章の叶わないとわかっていてもひよに宣戦布告する。ぎゅっと後ろから抱きしめたくなります。
また2章の「ふれー、ふれー さーさーまーるー」のシーンはもう号泣。

キャラは全員好感が持てました。ひよの検診さも、春告の面倒見のよさも、若さんのツンデレっぷりも、半の三下っぷりも(あれ)全員がそれぞれ誇りを持って描かれているように感じました。さすが夢見鳥学園と言うべきか…。


やすゆきさんの絵は今作が初めてですが非常に好感的。こびた萌え絵でもなく、けどそれでいてかわいい。加えて塗りの丁寧さ。この作品は夢見鳥学園という閉ざされた空間における、幻想的さが売りの一つだとも思えるので、この塗りの丁寧さは外せないポイントだと思います。
また絵に関して外せないのがヨダさんによるSD絵。数少ないギャグシーンを映えさせてくれるいいアクセントだと思いました。

エロ
普段はエロの項目は設けていませんが、今回に関してはこれに対して進言したい。
さすがに…エロが少ない。これがひよゲーであり、シナリオに重きを置いているゲームだとわかっています。でもそれでもさすがに少ない。一章のアララギのシーンなんかあそこまでやって発射無しとか、あのときの生殺し感…! シナリオに無理に挟めとは言いませんが、最後におまけのシーンを解放するとかして入れてくれたら嬉しかったな…。キャラは皆魅力的すぎるんだから…。


総評
うん、おもしろかった。
始める前は割と賛否両論な意見が多かったので積んでいた作品でした。しかしプレイしてからは、最初のテンポのよさ、設定の魅力にぐんぐんと引き込まれ終わってみればやってよかったと思える作品の一つとなりました。

なんていうか…否定意見はpropeller=東出であるべきということを異常なまでに崇拝しそれ以外はダメだと見なす人の意見だったんだなあと思います


全体的に設定が緻密すぎると感じました。四君子という言葉の使い方(笹の劣等に始まり、名前の由来まで)笹丸とひよの雑学・哲学合戦、そして極めつけは紅葉伝説と…。少し頭がよくなったような気がしなくもない。何にせよ細部にとことん拘っていることに好感が持てました。

さてここで気になった点
・ひよが菊であるということ。ひよが自分は菊だと思ったのはなんでなのか? 私の推測になりますがひよの父が「菊世にしろって言ってたけど、なんとなくさからってひよにした」ということか?
・芸術をテーマにしたにも関わらず、それについて深く触れていない。もちろん最後まで読めば芸術が如何にキーポイントであるかわかりますが、もっと触れてもいい場面だと思います。彩生祭以外創作活動しているシーンが皆無ですし…。
・四章で今までと違う教室になったのはどういう意図だったのか…?

これらを始め色々とまだ描くべき点があると思います。ですが、まあ本当にいちゃもんレベルですね。

振り返ってみると優しさと救いの物語だったような気がします。優しさが巡り巡って人を救うメビウスの輪のような…。(ひよの言葉にもあったはず)
すごく理想的というか純粋すぎる気がしますが、「絆があり、それが輪を成して、より大きく強い絆となって世界が広がる物語」といったところでしょうか。それが手を繋ぐという行為によって具体的に表現されていたのではないかなと。優しさが繋がっていることを ずっと手を繋いで歩いていたこと…そしてこれからもまさに『きっと澄みわたる朝色よりも、今、確かに此処にいるあなたと、出逢いの数だけのふれあいに、この手は繋がっている。』と----

好きなキャラ…アララギ
ランク…A
スポンサーサイト


コメント

  1. toma | URL | -

    やばい再プレイしたくなってきたー

    賛否両論あり、個人的には大好きでもなかなかオススメ出来ない作品だけに、発売からこれだけ時間が経ってもプレイしている人を見るとなんか嬉しくなってしまいます

    FD出すなら是非青姉メインでお願いしたく

  2. rinvols | URL | -

    >>tomaさん

    確かにお勧めはしづらいですね。エロシーンの数云々以前に、エロゲっぽくないあたりで…。

    FDはシナリオ上難しいでしょうが、是非出して欲しい所です。ひよゲーだった故にひよ以外のキャラをピックアップしたFDを!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyuto.blog61.fc2.com/tb.php/120-838463d6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。